社員の素行調査

社員の素行調査はトラストセンド調査事務所にお任せ

会社内の問題が顕在化する前に、なるべく早く素行調査を実施しましょう。プロの探偵であれば、法律違反のリスクを抑えつつ、迅速に社員の素行調査を行うことが可能です。

会社内でのトラブルが顕在化する前に、状況を客観的事実として確認することでリスク回避できる可能性があります。
例えば、以下のような問題でお悩みではないですか?

* 競業避止契約違反(退職した社員が競合他社に勤務している)
* 元社員が他社員を引き抜いて開業した
* 元社員が他社員を引き抜いて開業した
* 架空契約や水増し経費で横領している
* 社内不倫問題の疑い
* 副業禁止規定違反している可能性
* 産業スパイの疑い
* セクハラやバワハラの証拠
* 社員が労災や休業補償で長期休業

このような後々トラブルに発展しそうな疑念に対して、探偵業者は事実確認につながる証拠収集を行います。例えば以下のようなものです。
* 社員の不正行動や不審な行動証拠
* 横領の疑いのある社員や同業他社への情報リーク
* 反社会勢力との交際の掲載
* 職場内でのパワハラやセクハラ
* いじめや労災不正需給問題などの実態

このような証拠は、その後の社員対応に活用することができます。

前の記事

いじめ調査

次の記事

企業信用調査