裁判資料・証拠収集

裁判に勝つための立証、「裁判資料の収集」

トラストセンド調査事務所では、立証責任(証明責任)が争点となる裁判のための資料収集や情報収集を高品質且つ迅速に行っています。
一般的には収集不可能と言われる情報に関しても、トラストセンド調査事務所は独自の調査ネットワークや各種調査の複合によって収集する事が可能です。

「裁判資料の収集」を行うメリット

裁判では、立証責任(証明責任)が問われることが多く、状況的に何が起きたかなどを推測する場合でも、その前後の状況を客観的に立証する必要があります。
例えば、浮気調査における証拠でも、肉体関係を示すメールが存在していても、そのメール自体で直ちに浮気行為(不貞行為)の事実を示す証拠にはなりません。
同様に、メールなどの証拠がなくても、ラブホテルなどに入る映像などが探偵によって収集されていた場合、その証拠自体は浮気行為(不貞行為)を推認するに足る証拠として取り扱われるのです。
「浮気をしたのは相手(配偶者)なのだから、それ自体は本人が立証すべき!」という意見もあるとは思いますが、自白や証拠類の開示は相手に因るものですから、必ずしも相手側が正直に回答するわけではないのです。
債権問題や不法行為などについても同様で、書面による資料や証言、確実且つ正確な情報は、勝訴への近道であると考えられています。
トラストセンド調査事務所の裁判資料の収集に関する調査は、秘匿性に優れ、正確かつ迅速に事実立証のための証拠収集を行う事ができる調査サービスであり、法律事務所様や同業他社様も利用するプロご用達の調査です。

トラストセンド調査事務所の裁判資料の内偵調査方法について

多方面に及ぶ裁判事件に関して、一律した調査サービスの適用は様々なケースを無視していることになりますので、ご相談をお受けした段階からオーダーメイドで調査方法をご提示いたします。

そのため、弁護士から指示のあったものや問題の焦点となるものに最も効果がある証拠の収集を最大の目標と定める方法が一般的です。

調査方法により、基本調査料金プランや定額調査料金プラン、成功報酬プランなどを事前にご提示いたしますので、まずは、ご相談からお願い致します。

前の記事

企業信用調査

次の記事

被害調査